Loading ...

お気に入りをケアする お気に入りのサンダルをケアしよう。長く大切にするためのお手入れ方法とは?

2017-08-23

夏の必須アイテムのサンダルですが、裸足のままで履くサンダルは汚れやニオイが気になるところ。おうちでのケアは面倒くさい、どうしたらいいのかわからないと、そのままにしている人も多いのではないでしょうか? そこで、お気に入りのサンダルを長い間大切に使うためにはどうすればいいのか、おうちでできるサンダルのケア方法を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。

サンダルが汚れる原因は?

サンダルの汚れは、実は汗や角質、皮脂など足に原因があることがほとんど。いろいろな要因が複合的に組み合わさっている場合もあります。まずは、自分のサンダルが何が原因で汚れているのか、確認しておきましょう。

・汗
足は体の中で一番汗をかく部分です。実は一日に約200ml、コップ1杯分もの汗をかいていると言われています。汗がついたままサンダルを放置しておくと、湿気がたまって水虫の原因になることも……。夏場はとくに注意が必要です。

・角質
サンダルのインソールについている黒いネバネバは、角質が原因。汗をかくと肌がふやけて角質が取れやすくなるため、その汚れがインソールについてしまうのです。角質は粘着質のため、チリやほこりが付着しやすいのも特徴。菌も繁殖してしまうため、サンダルの嫌なニオイの原因にもなります。

・皮脂
インソールにつく黒いシミや指の跡は、皮脂がサンダルに染み込んでしまうことで発生します。さらに角質と合わさることでニオイ、カビ、劣化を引き起こす可能性も。

・砂ぼこり
外出先で砂ぼこりが付着して、サンダルが汚れてしまうのは避けられません。しかし、それをそのまま放置するのはNG。変色の原因や劣化を早めてしまうこともあります。

サンダルの黒ずみをキレイにするならコレ

汗や皮脂、角質など、サンダルを履いているとどうしても避けられない汚れ。夏は靴を脱ぐ機会も多いので、そのままにしておくと、サンダルを脱いだ時に指の跡がついているのを見られて恥ずかしい思いをしてしまうなんてことも。だからこそ、日頃から家庭でもしっかりとお手入れをしてあげることが大切。サンダルの黒ずみを落とす方法をご紹介します。

用意するもの

・弱酸性洗剤(PH5.5程度のもの)
・タオル2枚
・歯ブラシ

まずは色落ちをチェック!

まずは目立たない部分で色落ちを確認してください。
絞ったタオルに弱酸性洗剤を含ませて、目立たないところを擦ります。タオルに色がうつるときは色落ちする証拠。自分でやらずにプロに相談しましょう。

①タオルをぬるま湯に浸けてから、よく絞る

水が滴り落ちないくらいしっかりと絞ります

②絞ったタオルに弱酸性洗剤を含ませる

タオルに直接洗剤を出します

揉みこむようにタオルに洗剤をなじませます

③叩くようにして汚れを取る

タオルはゴシゴシと動かさず、叩くように動かします

④タオルで叩いても汚れが落ちない部分は、ブラシでこすって汚れを落とす

歯ブラシは必ず一定方向に動かしてください

⑤新しいタオルを使って、叩くようにサンダルの水気を取り除く

サンダルは水気が多いと変色の原因になるので、しっかりと水分を取り除いてください

⑥風通しの良い所で乾かす

※早く乾かしたいからとドライヤーなどを使うと、素材の耐熱温度を越えてしまい、変形・変色等の恐れがあるので、必ず自然乾燥で乾かすようにしてください

お気に入りのサンダルを長く使うには

お気に入りのサンダルをできるだけ長く履くためには、いくつか注意してほしいポイントがあります。普段どのくらいケアができているのか、あわせてチェックしてみてくださいね。

気をつけたい5つのポイント

その1.連日で同じサンダルを履かない
サンダルや靴の内部では多量の汗を毎日吸い込んでいます。そのため、毎日同じ靴を履いていると湿気が残った状態が続くため、サンダルの中で細菌が繁殖してしまう恐れも。とくに高温・多湿な環境では3日から1週間程度で菌が大幅に増殖するので、注意が必要です。

その2.履く前にサンダルの乾燥状態を確認をする
連続して履かなかったとしても、サンダルを触った時に湿気を感じる場合はそのまま履くのはNG。違うサンダルを履くなどして使用を控えてください。

その3.サンダルの保管環境を整える
もしもサンダルにカビが生えてしまった場合、靴だけをキレイにしても意味がありません。一度サンダルのカビをとったとしても、また生えてくる可能性や他の靴にカビが生えてしまうことも。下駄箱の中はしっかり換気を行なって乾燥させるなど、こまめなお手入れが必要です。

その4.サンダルの状態を確認する
サンダルを脱いだら一度、カカトのゴムが削れていないか、破損はないかなど、サンダルの裏を確認してみてください。カカトのゴムなどは土台が削れる前に交換をすると、修理の費用も安く済みますし、早く直すことができます。土台まで削れてしまうと修復費用がかさむだけではなく、場合によってはデザインや構造まで変える必要がでてくるので、まめに確認するようにしましょう。

その5.履いたあとは必ずお手入れを
お気に入りのサンダルを長く使いたいなら、こまめにケアをしてあげることが大切です。そこでプロがオススメするケア方法を紹介します。

おうちでできる、サンダルのケア方法

①弱酸性の洗剤をぬるま湯で溶かして、タオルで拭く
※必ず目立たない部分で色落ち確認をしてから全体を拭いてください

②形を整える
シューキーパーや紙を丸めて型崩れをしないように整えます

※新聞紙や雑誌類は水性インクを使用している場合が有り、その場合インクが溶け出てしまう恐れがあるので避けてください。

③乾燥させる
通気性の良い場所で陰干しする

④クリームを塗布する
靴の素材にあった専用クリームを塗布してください

靴のお手入れグッズはさまざまなものがありますが、万能品はありません。必ず用途に適したクリーナーやクリームを使用するようにしましょう。除菌スプレーだけでは皮脂や汚れの層が溜まってしまい、ニオイやカビ、シミの原因となるので注意してください。

プロに頼むのも賢いケア

サンダルを長く使用するためには、日頃のケアが重要。ただ、忙しくて毎日ケアしていられない!という方や、セルフケアだけでは心配という方はプロに頼むのもひとつの手。最近では愛着がある靴は、スペシャルケアとしてプロに靴のクリーニングを頼むという人も増えています。

靴を大切にクリーニングしてくれる「くつリネット」なら、天然水と同等のキレイな水で洗浄を行っているので、靴を痛める心配もなし。一点一点丁寧に手洗いを行っているので、安心してお願いすることができます。クリーニングだけではなく、補色をして新品のように蘇らせる加工も行なってくれるのも嬉しいポイント。普段のケアだけでは物足りない、何年も同じサンダルを愛用したい、という方は靴のクリーニングを検討してみるのもオススメです。

くつリネットはコチラ

まとめ

今年の夏だけでなく、来年も再来年も、長い間大切に使いたいサンダルは、毎日しっかりとケアしてあげることが重要です。最初は面倒くさいと思うかもしれませんが、1日3分程度の時間をケアに費やすことで、長くキレイな状態でサンダルを履くことができるようになります。スペシャルケアを施したいなら、靴のクリーニングに出すのもオススメ。おうちでのケアとプロの力を借りて、大切なサンダルを長く愛用しましょう。

 

サンダルのケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。
くつリネット

キャンペーン実施中!

くつリネットとは?

お気に入りをケアしよう!

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

サンダルのケア靴クリーニング

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ

FUN! MY STYLE