Loading ...

お気に入りと出掛ける わたしのお気に入り vol.3「一目惚れで買ったカーディガン」

2017-12-07

リネットのサービスの根幹であるクリーニング品質と毎日向き合う前原広紀さん。前原さんのお気に入りの一着は、一目惚れして買ってしまったカーディガンなのだそう。普段はほとんど衝動買いをしないという前原さんが、思わず買ってしまったカーディガンの魅力やお洋服への想いについてお話をうかがいました。

人生で初めて、値段も見ずに買ったカーディガン

僕のお気に入りの服はネイビーにホワイトの入ったニットのカーディガンです。新宿のルミネエストで待ち合わせまでの時間つぶしをしているときに偶然出逢った一着です。
その日は洋服を買うつもりは全くなかったんですが、マネキンが着ているのがとても素敵で試着させてもらったんです。色が僕の好きなネイビーとホワイトだったのはもちろん、着てみると着心地もよくて軽くて。値段も見ずに「ください!」と言ってレジに行きました。金額が出るまで内心「高すぎたらどうしよう」と思ってドキドキしていたんです(笑)。記憶の中では人生で初めての衝動買いでしたね。

いいことがあるんだと思い込むスイッチ

このカーディガンは、「いいことがあってほしい」と思っているときや、心穏やかにいたいと思うときに着ます。「今日はお気に入りを着ているから機嫌がいいんだ」って自分に言い聞かせるんですよね。僕は自己暗示とか思い込みの力の強さを信じているから、いいことがある、と自分に言い聞かせるんです。まあ、ほとんどそんなことは起きないんですけどね(笑)。

でもこのカーディガンを着ていたら、仕事以外ではしゃべったことのなかった人から「それ素敵ですね」って声をかけてもらいました。それがすごく嬉しくて、その日は一日機嫌がよかったです。その日対面で怒られるはずだった部下が、僕の機嫌がよくて拍子抜けしちゃうくらい(笑)。

モコモコはいつでも僕を守ってくれる

普段からモコモコしている服が好きなんです。肌触りが気持ちいいし、着ていると守られている気分になるから。僕みたいなおじさんは誰からも守ってもらえないので、せめて服には守られたいんです(笑)。

学生時代の僕は痩せていてガリガリで、それがとてもコンプレックスでした。体型が弱そうだから喧嘩に巻き込まれたりもしてたんです。それを少しでも大きく見せようと思ってモコモコしたボリュームのある服を選んでいました。

若い頃はそんな体型だったこともあって「僕は一生太らないんだ」って信じて疑わなかったんですけど、30代になってから激太りしてしまって、もう元に戻らないんです。だから今ではお腹が出ていることがバレないようにモコモコを着ています。余計太って見えているんじゃないか、とも思うんですけどね(笑)。

洋服は一日の気分に関わるもの

洋服は僕にとってはその日の気分を左右するもの。今日はこのカーディガンも含めて全身お気に入りを身につけています。靴もデニムもインナーも時計も、そして下着も(笑)。ここまで自分が気持ちのいい格好をしているときは心が落ち着きます。自分の身だしなみも一日意識するようになりますね。トイレに行った時も鏡で見て、ちょっと直したりとか。

逆に、心が戦闘モードのときは、戦闘服みたいなNortonの刺繍入りのシャツを着るんです。イライラしているときはそれを鎧としてまとうときもあります。僕の心の状態が洋服選びに影響を与えることもあるし、着ているものから影響を受けることが多いんです。

 

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りを楽しもう!

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

わたしのお気に入り

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE