Loading ...

お気に入りをケアする 失敗しないおうちクリーニング。服を縮ませないための4つのコツがあった!

2016-03-18

最近話題のおうちクリーニング。おしゃれ着やセーター類をおうちで洗う方が増えています。でも、おうちクリーニングで服が縮んでしまったというトラブルも少なくないのだとか。そこで、今回はさまざまな方法で洗ってどのくらい服が縮むのかを実験してみました。おうちクリーニングで失敗しないコツもご紹介します。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 宅配ネットクリ−ニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、宅配ネットクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

まずは実験。いろんな方法で洗ってみました!

次の3つの方法で、同じウールのセーターを洗い、それぞれどのくらい縮んでしまうのかを実験してみました。

使った衣類:市販されているウールのセーター

洗濯表示は
・中性洗剤での手洗い
・ドライクリーニング
での洗浄が可能となっています。

袖の長さ(肩から袖口まで)約70cm
幅 約43cm
丈 約60.6cm

洗い方

1)ドライクリーニング
クリーニング店でプロに洗ってもらった。

2)ドライコース+おしゃれ着用洗剤
おしゃれ着用洗剤を使用し、洗濯機の「ドライコース」で洗った。

3)ドライコース+普通の液体洗剤
市販の液体洗剤を使用し、洗濯機の「ドライコース」で洗った。

なんと、驚きの結果が…!

1)ドライクリーニング

見た目は元のセーターと変わりません。

クリーニング店でプロに洗ってもらったドライクリーニングでは、袖の長さはほとんど変わりませんでしたが、幅は43.0cm→41.2cmに、丈は60.6cm→60.2cmと若干縮みました。

2)ドライコース+おしゃれ着用洗剤

普通の液体洗剤で洗ったほどではないですが、襟ぐりがややよれています。

おしゃれ着用洗剤を使用し、洗濯機の「ドライコース」で洗った場合は、袖の長さが70.0cm→70.8cm、丈は60.6cm→59.6cmに変化。幅は43.0cm→37.2cmと、約6cmも縮んでしまいました。

3)ドライコース+普通の液体洗剤

おうちクリーニングで液体洗剤を使用し、洗濯機の「ドライコース」で洗った場合は、袖と丈の長さは2と同様の変化がありましたが、幅はなんと43.0cm→36.2cmに。約7cmも縮んでしまいました。

重ねてみるとこんなに差があるんです!

おしゃれ着用洗剤で洗ったセーター(上)とドライクリーニングで洗ったセーター(下)を重ねてみました。袖口は重ねてみるとこんなに差がでてしまいました。

丈や幅もこんなに違います。

(上)おしゃれ着用洗剤で洗ったセーター
(下)ドライクリーニングで洗ったセーター

おうちクリーニングするとなんで縮むの?

セーターが縮む原因には「水」と「温度」と「摩擦」が大きく関係しています。おうちの洗濯機で洗うと、衣類に摩擦が起こりやすく、水の量や温度もクリーニング店のように調整することが難しいです。つまり、おうちクリーニングは、セーターが縮む条件が揃っているということになります。そのため、クリーニングに出したセーターに比べて、おうちでのクリーニングは、袖や丈、幅が縮んでしまうのです。

また、実験を行ったところ、通常の「液体洗剤」よりも、「おしゃれ着用洗剤」の方がセーターが傷まない結果となりましたが、これは、おしゃれ着用洗剤の洗浄力が弱いことが関係しています。おしゃれ着用洗剤は、洗浄時に毛玉になりにくい効果や、型崩れを抑えて衣類を縮みにくくする特長があるんです。どうしてもおうちでセーターを洗濯をしたい場合には、おしゃれ着用洗剤を使うほうがよいでしょう。

しかし、洗濯表示を確認した時に「水洗い」や「塩素系漂白」「ドライクリーニング」などの表示に全て× 印がついている洋服は、おうちで洗うのはNG。万が一洗濯表示を確認せずに洗ってしまうと、サイズがひとまわり以上縮んでしまったり、ごわつきが起こる可能性もあるので、気をつけてください。

おうちクリーニングで服を縮ませない4つのコツとは?

上記の実験からも分かる通り、おうちで洗濯機を使って洗うと服が縮んでしまうし、もとのように仕上がらないんです。それでも、おうちで服を縮ませずに洗うコツはないのでしょうか……?おうちクリーニングで失敗しないための4つのコツを近藤さんにうかがいました。

その1:手洗いで洗う

おうちでセーターなどを洗うときは必ず洗濯表示を確認してください。洗濯機で洗えるとされる衣類であっても、心配ならば手洗いで洗うようにしましょう。服がこすれて摩擦が生じると服が傷みやすくなるので、服をこすって洗うのではなく、上から圧力をかける押し洗いで洗うのがベストです。

ただし、おうちで洗うことで、型崩れや縮みが発生してしまう可能性が高い衣類や、ブランド物の衣類、洗濯表示を確認したときに、「手洗い」や「ドライクリーニング」などの表示が全て× になっているものは、手洗いも避けた方がいいでしょう。長く大切に愛用したい衣類は、おうちで洗わずにクリーニングに出すことをオススメします。

その2:脱水は弱脱水1分

手洗いしたあとは絞らずに脱水をかけることがポイント。特にウール素材のものは絞ると繊維が縮み、固くなりフェルト化するので、絞るのはNG。ただし、ウールは摩擦にも弱いので、脱水する場合は弱脱水や一番弱いコースで1分以内で済ませるようにしましょう。

セーターの洗い方について、もっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!
http://www.lenet.jp/magazine/20170502-01

その3:ある程度形を整えてから干す

ウールは固くフェルト化してしまうという性質があります。脱水したあと縮んだ部分を伸ばして、形を整えてから平干しするようにしましょう。

その4:蒸気を当てて仕上げる

大きなポイントが仕上げ。特にえりや袖口など縮んでしまった繊維を伸ばしてあげるために、アイロンの蒸気(スチーム)をあててあげましょう。あて方は、アイロン台においてアイロンのスチームをかけるだけ。あて布をしてアイロンを押しあててしまうと、繊維がつぶれてしまい、ふわふわ感がなくなってしまうので注意しましょう。

まとめ

洗濯方法を間違えると悲惨なことにもなりかねない、セーターのおうちクリーニング。ですが、4つのコツさえマスターしておけば、おうちでもセーターを縮ませずに洗うことができます。しかし、おうちでのクリーニングが不安なら、プロに任せるのがベスト。おうちクリーニングする衣類と、プロのクリーニングにお願いする衣類を分けて洗うのもよいでしょう。

 

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

オシャレ着

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE