Loading ...

お気に入りをケアする マグカップで簡単シミ抜き!? プロが教えるシミ抜き方法を見てみよう

2015-10-17

お洋服にシミがついてしまったこと、一度はありますよね。そんなときにオススメしたいのが「マグカップシミ抜き」。手強いケチャップのシミ抜きや時間が経ったシミ抜きなどさまざまなシミが落とせちゃうんです。クリーニング師の古塩さんにやり方を教えてもらいました。

    監修

  1. 古塩将人

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    古塩将人

  3. クリーニング歴15年。7年に及ぶシミ抜き修行経験を持つ、シミ抜き職人でもある。工学部農学科卒で、化学メーカーに勤めた後、クリーニング師に転身。シミや汚れに化学の理論で挑む、異色の理論派クリーニング師。現在はリネット専門のクリーニング師として活躍している。

おうちで簡単にシミ抜きする方法があった!

誰でも、食べこぼしや飲みこぼしをしてお気に入りのお洋服にシミがついてしまった経験があると思います。赤ワインやコーヒー、お醤油、ケチャップなどは一度シミがつくとなかなか取れないし、とても目立ちます。しかも、おうちでシミ抜きしてみたら失敗してお洋服が台無しになってしまった、なんてことも…。なのでシミができると、そのまま諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。せっかくのお気に入りが着れないなんて悲しいですよね。

でも、おうちにあるものを使うだけで簡単にシミ抜きする方法があるんです!おうちで誰でもできる「マグカップシミ抜き」をリネット専門工場のクリーニング師・古塩さんに教えてもらいました。

マグカップシミ抜きとは?

「マグカップシミ抜き」はおうちにあるものを使って、誰でもできるシミ抜きテクニックです。クリーニングの現場で実際に使われているプロの技を、リネットがおうちでも簡単に使える技にしているので原理はプロと同じ。

おうちにあるものとは、「お湯」です。普段のシミ抜きに使う漂白剤に加えてお湯の蒸気を使うことで、漂白剤の効果がアップするので、さらにシミが落ちやすくなります。実は漂白剤をつけて、蒸気の熱を加えてシミ抜きするという方法は、プロも同じような方法を使っているんです。

「マグカップシミ抜き」でこんなシミたちが簡単に落ちます

古塩さんいわく「実は、普段の生活でついてしまったシミはほとんどのものを落とすことができる」のだそう。下記のようなシミは「マグカップシミ抜き」で、おうちでもシミ抜きすることができます。

マグカップシミ抜きで落とすことが可能なシミ

<飲み物>
ワイン
コーヒー
お酒
果汁ジュース
紅茶

<調味料>
しょうゆ
ケチャップ
※焼肉のタレ、ミートソース、カレーなどもある程度落ちますが、完全にきれいにならないこともあります

用意するものはこれだけ

マグカップシミ抜きをする際に用意しておくものはこちら。

・液体の漂白剤(家庭用のもの)
・キッチン洗剤(いわゆる中性洗剤)
・マグカップ(なるべく口が大きいもの)
・お湯(90度以上)
・小皿
・歯ブラシ

「ハイター」など塩素系漂白剤は、有毒ガスが発生しますので、くれぐれも混ぜないようにお気をつけください。
通常、クリーニング店ではシミの種類によって使用する溶剤が異なっていますが、「マグカップシミ抜き」は特殊な溶剤を使うこともないので、安心してシミ抜きができるのも嬉しいポイント。どこの家庭にもあるようなものでシミ抜きすることができちゃうんです。

マグカップシミ抜きのやり方を見てみよう

今回は、シミをつけがちなしょうゆとケチャップのシミ抜きをしてみます。

まずは色落ちチェック

シミ抜きをしたいお洋服は色落ちチェックをしてください。漂白剤や洗剤はお洋服の色落ちを引き起こす可能性があります。失敗しないためにも必ず色落ちチェックをしてからシミ抜きをしましょう。


色落ちチェックのやり方

綿棒に漂白剤や洗剤をつけ、裏側の縫い目の部分など目立たないところにこすりつけます。色が綿棒に移らなければ色落ちの心配はないので、マグカップシミ抜きを実践しましょう。
もし色が綿棒に移った場合は、色落ちしてしまう可能性があるので、クリーニング店に相談しましょう。

しょうゆのシミ

1. 漂白剤と歯ブラシを準備

漂白剤を小皿に注いでいきます。このときに漂白剤を塗るための歯ブラシも一緒に準備しておきましょう。

2. マグカップにお湯を注ぐ

次に、マグカップにお湯を注いでいきます。90度くらいのお湯を、マグカップに対して6〜8割程入れてください。お湯は熱くなっているので、やけどには十分気をつけてください。
※湯気が40度程になることで効果を発揮するため、冷たすぎはNGです。

3. マグカップの上にシミが付いた部分を置く

マグカップの上に、洋服のシミがついた部分を覆うようにおいていきます。このとき、マグカップの中のお湯につかない程度においてください。

4. シミの周りから漂白剤を塗っていく

歯ブラシに漂白剤を軽くつけていきます。シミが外側に広がるのを防ぐために、まずはシミの外側から内側へ塗っていくのがポイント。歯ブラシを持っていない方の手で、写真のようにマグカップのふちをおさえて、衣類をピンと立てると、漂白剤をつけやすくなります。

5. シミにまんべんなく漂白剤を塗っていく

外側に漂白剤がついたら、次はシミの中心まで、まんべんなく漂白剤を塗っていきます。このときに注意してほしいのが、歯ブラシで強くこすらないこと。シミがにじんでしまう可能性や、衣服が痛んでしまう原因にもなるので、軽くなじませる程度で大丈夫です。

分かるでしょうか。泡立ってきました。
蒸気によって漂白剤が少しずつ泡立ってきます。これは蒸気の熱と漂白剤が反応して効果がアップしているサインなんです。

6. 漂白剤をなじませて10秒ほど待ち、洗う

漂白剤をなじませたら、シミに反応させるため10秒ほど待ちます。10秒後、そのまま中のお湯でシミの部分をじゃぶじゃぶと洗ってください。歯ブラシを使ってぐるぐる回して、汚れを落とします。このときもやけどにはご注意ください。

7. シミが落ちたら完成!

醤油のシミがキレイに落ちました!
シミが落ちたら、これで完成です!


1回で落ちなかったときは

赤ワインなど色素がたくさん入った汚れや時間が経ってしまった汚れなどは、多少色が残ってしまう場合も。1回で落ちないときには、6の工程を何度か繰り返すとキレイになっていきます。その時、同じお湯を使っても大丈夫ですが、冷めてしまって湯気が出ていない場合は沸かしたお湯にかえてください。すすぐ時にお湯が汚れてしまった場合も、再度そこにお洋服を入れると汚れがついてしまうので新しいお湯にかえてあげましょう。

ケチャップのシミ

ケチャップは油を多く含んだシミ。油を含んだシミには漂白剤を使う前に食器洗い洗剤を使ってマグカップシミ抜きして行きます。

やりかたは一緒。同じようにマグカップの中で衣類をよくすすぎます。歯ブラシをたくさん回して、よくかき混ぜていきましょう。やけどには気をつけてください。(それでも落ちない場合は繰り返してみましょう)

食器洗い洗剤だけで落ちる場合もありますが、繰り返しても落ちないときは漂白剤も使ってシミ抜きしてみてください。

マグカップシミ抜きをしたらすぐに洗いましょう

すすぎをしたとしても、漂白剤や食器洗い洗剤がお洋服についたままだと、そこだけ色が抜けや変色してしまう可能性があります。マグカップシミ抜きを行った場合は、なるべく早めに洗濯するようにしてください。

マグカップを使ってシミ抜きできるワケを教えて!

驚くほど、シミをキレイに落とすことができるマグカップシミ抜き。では、どうしてシミがこんなにもキレイに落ちるのか、マグカップやお湯を使うやり方以外にもシミ抜きの方法はあるのかどうかなど、古塩さんに聞いてみました。

リネット:
熱を加えれば、マグカップでなくてもいいんですか?たとえばドライヤーを使うとか。

古塩さん:
ドライヤーでもいいですが、蒸気をあてる方がより汚れを浮き立たせてくれるので効果的です。ヤカンを沸騰させて吹き出す蒸気を使ったり、鍋で洋服ごと煮るやり方が紹介されることがありますが、この方法はやけどの危険性が高いです。大事なお洋服の生地を痛めたり、色落ちのおそれもあるので、オススメしませんね。

リネット:
ケチャップ汚れはまずキッチン洗剤を使って漂白剤を使っていましたね、どうしてなんですか。

古塩さん:
シミには大きく分けて油溶性のシミ、水溶性のシミ、たんぱく質のシミの3つの種類があります。食べこぼしのシミは油溶性の汚れが表面を覆い、その内部に水溶性の汚れ、タンパク質の汚れなどが含まれている構造になっています。

漂白剤はたんぱく質のシミには効果バツグンですが、油溶性のシミにはあまり効果を発揮しません。ケチャップは油分を多く含む油性のシミ。なので、まずは食器洗い洗剤で一番上の油分の膜を落としてあげるのが効果的なんです。

※シミの構造について詳しく知りたい方は「リネット 無料シミ抜きについて」もチェック!

リネット:
それでも汚れが残る場合がありますか?

古塩さん:
何度か繰り返せば落ちるシミもありますが、シミの種類によっては落ちない場合もありますね。どうしても落ちないシミは、クリーニング店にもっていけば有料で対応してくれるところもあると思います。

おさらい

今回ご紹介した「マグカップシミ抜き」の手順をおさらいします。

まずはマグカップにお湯(90度以上)をそそぐ

その上にお洋服についたシミの部分を乗せる

漂白剤をスプーンや使い古した歯ブラシでシミの縁の方からなじませる

10秒たったら、マグカップのお湯の中に汚れた部分をいれて、すすぐ
※やけどに注意!


シミがキレイに落ちた!

マグカップシミ抜きよりも簡単にシミを落とすなら

とはいえ、自分でシミ抜きををするのは手間がかかるのも事実……。それなら、クリーニング店を利用するのもオススメです。
クリーニング店を使えば、プロが適切にシミ抜きしてくれるだけでなく、今回のような食べこぼしの以外のシミをキレイに落としてくれるのもポイントです。
そして、宅配クリーニングの「リネット」なら、この記事でマグカップシミ抜きを紹介したクリーニング師たちがあなたの洋服をシミ抜きしてくれます。しかも、宅配クリーニングなので、クリーニング店に行く手間もかからず、重い荷物を持ち歩く必要もありません。
宅配クリーニングを使ったことがない方も、この機会にぜひリネットの便利さを実感してくださいね!

まとめ

おうちでは難しいと思っていたシミ抜きですが、マグカップシミ抜きならご家庭にあるものだけで、安全に本格シミ抜きができます。特別なものを使わなくてもいつでもシミ抜きすることができるので経済的にも◎。
シミ抜きの方法がわからずに諦めていた、ケチャップのシミ抜きや時間が経ったシミ抜きもぜひチャレンジしてみてください。

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

シミ抜きマグカップシミ抜き染み抜き

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE