Loading ...

お気に入りをケアする 着物はおうちで洗える?着物の洗い方やシミ抜き、保管方法を教えて!

2016-12-27

お正月はもちろん、子どもの卒園式から入学式、結婚式などでも活躍する着物。着物に袖を通したあとは、みなさんどんなケアをしていますか。訪問着などはすぐに洗い張りをしたり、クリーニングをする方が多いと思いますが、普段着なら自宅で洗える着物もあるんです。今回は着物を自宅でケアする方法についてまとめました。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 自宅にいたままクリーニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、自宅にいたままクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

着物ってお手入れ方法がわからない……

着物を着る機会がないとお手入れ方法がわからない方が多いのではないでしょうか。デリケートな素材が多い着物は、脱いだ直後にまずは汚れていないか確認します。特に汚れやすい部分は下記のような部分です。

・掛衿(かけえり)
もっとも汚れやすい部分で顔周りの汗や化粧がつきやすい

・袖口(そでぐち)
外側と内側に汗や皮脂・アカなどがつきやすい

・前身頃(まえみごろ)
食事をしたときなどに食べこぼしがつきやすい

・胴裏(どうら)や八掛(はっかけ)などの裏地
夏場や暖房が効いた場所にいたときなどに汗ジミがつきやすい

・裾(すそ)
砂ぼこりや泥はねの汚れやスレができやすい

それぞれいろんな汚れがついているので、ますますどうやってお手入れすればいいのかわからないですよね。

着物はおうちで洗える?

実は着物のなかには自宅で洗えるものもあるんです!自宅で洗濯できる着物は、基本的に普段着用で「洗濯表示(絵表示)」に手洗いマークがついているものです。
※洗濯表示についてはこちらでチェック

裏地がなく透けない素材で作られた単衣(ひとえ)仕立てで、木綿やウールの天然素材、ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物であれば自宅で洗濯できるものもあります。

着物や肌襦袢・足袋の洗い方

着物をおうちで洗う場合の洗い方について、リネットお洗濯アンバサダーの近藤さんにうかがいました。着物を着るときに欠かせない肌襦袢や足袋なども、綿素材でできているものであれば自宅で洗濯できるので、その洗い方もご紹介します。

着物の洗い方

1.着物を「そでたたみ」する
※「そでたたみ」についてはこちらでチェック

2.着物を洗濯ネットに入れて洗濯機に入れる
洗濯ネットはたたんだ着物がぴったり入るサイズを用意します。

3.おしゃれ着洗剤を入れてドライコースで洗濯する
ウールの着物はウールが洗える洗剤を使用してください。
洗浄力の高いアルカリ性の洗剤は色落ち・色移りをすることがあるので避けましょう。
普通コースなど強い力で洗濯すると型崩れの原因になるため注意してください。

4.和服用のハンガーにかけて干す
直射日光のもとで干すと変色の原因になるため、必ず陰干ししてください。

注:洗濯できる着物であっても、洗う前には色落ちしないか必ず確認するようにしましょう。また、タグがないものや素材が分からない場合は、購入先に問い合わせて確認することをおすすめします。

ただし、正絹の着物、絞りや刺繍などの装飾があるもの、裏地のある袷(あわせ)仕立ての着物は、水につけるだけで生地が縮んだり、色移りや変色をする可能性がありますので、自宅での洗濯はNG。特に晴れ着や訪問着、アンティーク物など高価な着物は、自宅での洗濯は避けてプロにお任せしましょう。

リネットならわざわざ着物を持って外に出なくてもクリーニングが完結します。受付もネットで24時間対応しておりますので、自分の時間に合わせてクリーニングを活用できます。

→リネット新入社員の口コミ。自宅にいたままクリーニングの体験談♪

こちらの記事は、リネットクリーニングを初めて利用した際の体験談で、衣類のビフォーアフター写真やクリーニングの申し込み~完了までの流れなどを紹介しています。

まだ、自宅にいたままクリーニングを利用されたことのない方は、イメージが沸きやすいと思いますので、こちらの体験談を参考にしてみてください。

肌着類や足袋の洗い方

1.目立つ汚れは中性洗剤や洗濯石鹸などをつけてから洗濯機に入れる

2.洗濯洗剤を入れて普通コースで洗う

3.脱水をして形を整えて干す

刺繍など装飾のあるものはおしゃれ着洗剤で手洗いをしましょう。絹素材のものはクリーニングに出すことをおすすめします。

着物にシミがついたら、どうすればいい?

外出先で着物にシミをつけてしまったときは、慌てずに広げないように応急対処をします。帰宅したらシミごとにそれぞれの方法を試してみてください。何のシミか分からないものや、キレイに取れないシミは、できるだけ早くプロにお任せしましょう。

応急対処の仕方

1.汚れをはじいて布で吸い取る
指先やハンカチの先で汚れをはじいて落とします。そのあとシミが広がらないように、ハンカチで吸い取って応急処置をします。

2.シミ抜きをする
◯化粧品・インクなど(油性のシミ)の場合
着物についたシミの下にハギレなどの布を敷き、白い綿のガーゼにアルコールかベンジンを含ませておきます。シミの上からガーゼをトントンと優しく叩いて、布にシミを移していきましょう。

◯お茶やお酒・調味料など(水性のシミ)
着物についたシミの下にハギレなどの布を敷き、食器用の中性洗剤を水で15倍に薄めたものをシミの上にたっぷりと含ませます。シミの上から歯ブラシや白い綿のガーゼで、トントンと優しく叩いて、布にシミを移していきましょう。

◯チョコレート・バター・マヨネーズなど(油性と水性が混ざったシミ)
油性のシミ抜きをしたあとに、水性のシミ抜きをしましょう。

着物のシミ抜きでやってはいけないこと

1.シミをこする
着物に摩擦を加えると生地が傷み、シミが取れにくくなるので注意してください。

2.おしぼりでシミを拭く
レストランなどのおしぼりはアルコールなどの薬品が含まれていることがあり、変色の原因になります。応急処置は持参したハンカチを使用しましょう。

着物をクリーニングに出すときの注意点

着物の主な汚れは、皮脂やホコリ、汗やカビです。特に汗やカビを残すとシミや変色の原因になります。このシミや変色を放っておくと、着物の修復が必要になることもあります。見た目に汚れがなくても、一度袖を通してその後すぐに着る機会がなければクリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニング店でよく見かける「丸洗い」は、主に皮脂やホコリなどなどの汚れをとる方法です。汗やカビをとるには「水洗い(洗い張り)」が必要です。「水洗い(洗い張り)」とは、着物をほどいて水で洗う方法のこと。水で洗うことで生地の不純物も落とすことができるので、着物がみちがえるほどキレイになります。

晴れ着や訪問着アンティークの着物など、正絹のものや絞りがあるものはクリーニングにお任せしましょう。自宅で洗濯すると縮みや色移りの原因になることがあります。 「着物」というクリーニングコースが設定されているお店の場合は、どんな方法で洗うのか確認して出しましょう。

着物はどう保管するのがベスト?

着物を洗ったあと重要なのが保管方法です。保管する方法も正しくマスターして、大切な着物を美しく保ちましょう。

1.着物を「本だたみ」する
※「本だたみ」ついてはこちらでチェック

2.たたんだ着物を畳紙(たとうし)に入れる
「着物専用保存袋」があれば畳紙(たとうし)ごと入れて保管します。

3.タンスに入れて四隅に防虫剤を入れる
着物をしまうタンスは通気性の良い桐ダンスがおすすめです。桐ダンスがなければ湿気を防ぐために乾燥剤を入れて、必ず虫干しを行います。
防虫剤は着物専用を1種類だけ引き出しの四隅に入れます。複数の防虫剤をいれたり、着物に直接触れる場所に置くと、変色や劣化の原因になるので避けましょう。また、防虫効果のある「着物専用保存袋」なら防虫剤を省いても構いません。

4.虫干しをする
保管してある着物をタンスから出して虫干しすることで、カビや変色、害虫から着物を守りることができます。『虫干し』のタイミングは、土用干し(7月下旬から8月上旬)、虫干し(9月下旬から10月中旬)、寒干し(1月下旬から2月中旬)の年3回が理想。難しい場合でも、最低でも年に一度は着物の点検も兼ねて寒干しは行いましょう。
晴天がしばらく続いた乾燥した日に、着物をハンガーにかけて午前中にかけて4時間程度陰干しをします。着物を干すときにシミや変色、虫食いがないか確認しましょう。これらを見つけたらすぐに対処するのが着物を長持ちさせるコツです。

ここまでに着物の洗い方・保管方法について色々と紹介しましたが、やはり心配な方はクリーニングにお任せしましょう。

リネットクリーニングなら玄関まで取りに伺いますので、自宅にいたままクリーニングができます。

→着物のクリーニングなら自宅にいたままクリーニングの「リネット」へ

また、無料でシミ抜きを行なっていますので、是非この機会にお試しください。

おすすめの畳紙(たとうし)や着物保存用品

美濃和紙「たとう紙 おあつらえ(文庫)」 税込195円/1枚

美濃和紙「たとう紙 おあつらえ(文庫)」 税込195円/1枚

出典: amazon.co.jp

岐阜県の美濃和紙が使用された畳紙。上質な和紙で作られたものは、湿気を逃し、カビや黄ばみを防止してくれます。湿気をより吸収してくれる薄紙つき。

雲龍紙「たとう紙」 税込2,000円/20枚

雲龍紙「たとう紙」 税込2,000円/20枚

出典: amazon.co.jp

福井県の越前和紙の一つである雲龍紙で作られた畳紙。お手頃価格なのでまとめ買いしたいにもおすすめです。薄紙がついていないので乾燥剤を併用することをおすすめします。

ジェイケミカル「着物キーパー」 税込1750円/1枚

ジェイケミカル「着物キーパー」 税込1750円/1枚

出典: amazon.co.jp

特殊なポリエチレンで作られた着物専用保存袋。防菌・防湿・防虫・防臭効果があり、畳紙の上からこの袋に入れれば、タンス以外でも保管できる優れもの。桐タンスがないご家庭でも安心で保存できます。

本ウコン染め風呂敷 税込1998円/1枚

本ウコン染め風呂敷 税込1998円/1枚

出典: kimonoichiba.com

防虫効果の高いと言われている、天然ウコン染めの風呂敷。こちらも畳紙の上から包んで保管しておきます。化学製品で染められたウコン染めは防虫効果がないので、必ず本ウコン染めを選びましょう。

まとめ

正しい保管方法をしていれば、洋服よりも長持ちする着物。着る習慣がないとハードルが高く感じるものですが、お手入れ方法をマスターできれば今よりもっと着物を楽しむことができます。さらに着物も自宅で洗濯できるとなると、より身近なものになるはずです。お家に長年タンスから出していない着物があれば、点検をかねてお正月に袖を通してみてくださいね。

 

価格表記はすべて取材時の価格です。

公式インスタグラムをフォローしてくださいね♪

リネット公式インスタグラム(@lenet_cleaning)をリニューアルしました。自宅でできる衣類ケアや季節のお手入れを紹介しています。ぜひフォローしてくださいね!

 

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
自宅にいたままクリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

シミ抜き着物

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

FUN! MY STYLE