Loading ...

お気に入りをケアする 液体洗剤と粉洗剤って何が違うの?洗濯洗剤の正しい選び方

2016-01-18

液体洗剤や粉洗剤、ジェルボールなど、次々新商品が出る洗濯洗剤。洗剤選びに苦戦しているという主婦の方の声をよく耳にします。どうしたら正しくセンタクできるの……?新米主婦のリネット編集部ライターが、クリーニングのプロ、近藤さんに話を伺いました。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 宅配ネットクリ−ニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、宅配ネットクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

液体洗剤?粉洗剤?ジェルボール?みんなはどうやって選んでいる

周りの主婦の方に洗濯洗剤をどうやって選んでいるのか聞いてみたところ、「液体洗剤のほうが流行っているから液体洗剤を選んでみた」「CMで見てジェルボールが良さそうと思った」「粉洗剤のほうが安いからなんとなくいつも使ってる」というコメントが。「効能を求めてこだわって洗濯洗剤を選んでいる」という主婦の方は、実は意外と多くないのかもしれません。

しかし、クリーニングのプロである近藤さんは「洗濯洗剤はそれぞれの特徴を知ったうえで、適した洗剤を選ばないとちゃんと汚れがとれない」と言います。洗濯洗剤はどうやって選べばいいのでしょうか。さっそく近藤さんに聞いてみましょう!

どんな洗剤でもすべての汚れが落ちるワケじゃない!?

リネット

編集部

実は新米主婦でして、洗剤選びに毎度苦戦しています。そもそも洗濯洗剤の正しい選び方ってあるのですか?
近藤高史

近藤高史

今は種類が多いので確かに選ぶのが難しいです。洗剤の形状も大きく分けて3種類。昔ながらの粉と液体、そしてジェルボールの洗剤。ちなみに今は何を使っていますか?
リネット
いろいろあるけど、どう選んだら良いかわからないので、液体洗剤を買っちゃいますね。
値段も安いし、香りも悪く無いから。あとパッケージが可愛かったので。
近藤高史
汚れが落ちるかは考慮しないのですか?
リネット
そう言われてみればあまり考慮していないかも。でも液体洗剤を使っていて、汚れが落ちていなかったことはないと思うのですが…
近藤高史
そうですか、でも汚れって目に見えるものと見えないものがあるのです。見えない汚れは知らぬ間にどんどん蓄積されているのですよ
リネット
え!?そうなのですか
近藤高史
例えば、夏の衣替えで1年ぶりに出した白いTシャツが、くすんでいたり黄ばんでいたりしませんか?
リネット
あるある!白シャツなんかは、明らかにくすんでいることが多いです
近藤高史
そのくすみや黄ばみって、一度でついたものではなく汚れの蓄積なのですよ
リネット
蓄積されるのですが!?でもそれってどうしたらいいのですか?

汚れが一番落ちる洗剤とは!?それぞれ効果・メリットが違います!

近藤高史
まずは、この4種類の洗剤を見てください。左から粉洗剤、漂白剤入り液体洗剤、柔軟剤入り液体洗剤、ジェルボール型洗剤です。

このなかで、黄ばみならどれが一番落ちると思いますか?
リネット
う~ん、パッケージを見ても消臭とか抗菌とか書いてある漂白系のこの洗剤かしら?
近藤高史
ブー!パッケージにもある通り、漂白系の洗剤は汚れよりも臭いを抑えるのが主な目的。使う時期は夏がオススメ!だって夏は汗をよくいて臭いが気になるでしょ
リネット
じゃあ次に汚れ落ちそうなのは…ジェルボール型洗剤・・・
近藤高史
ブブー!確かにこれは界面活性剤が多いから、汚れは落ちやすい。それにこの小さなボール1つで洗濯できるから、洗剤の使用量が少ないしすすぎも一度で済む。だから時短には適している。でもすすぎが少ないということは洗う回数が減る、となると見えないが汚れがちゃんと落ちてない可能性が高いのです
リネット
…そ、それなら液体洗剤?
近藤高史
ブブブー!!これは軽い汚れに使う洗剤。使う時期は冬がオススメ。夏に比べて汗をかきにくいし汚れも少ないからね。 液体やジェルボール洗剤を毎日使うなら、衣替えの時期に別の洗剤を使用してスペシャルケアをする、それが面倒ならクリーニングに出してからしまう。これ徹底してください!
リネット
えー!じゃあ、一番汚れが落ちるのって粉洗剤!?
近藤高史
ピンポーン!!!
目に見えない汚れの多くは酸性で、粉洗剤はその反対のアルカリ性。 反対の成分が最もよく汚れを落とすので、弱アルカリ性の粉洗剤が一番なのです。ちなみに漂白系は酸性、液体やジェルボール洗剤は中性です
リネット
そういえばさっき、界面活性剤の話がありましたよね。洗剤のほとんどに入っていますがどうしてですか?
近藤高史
界面活性剤は、例えば水と油など混ざらないものの間に入って融合させる役割。洗濯洗剤だと衣類に洗剤を含ませるために入っています。だから界面活性剤の割合が高いと浸透率が上がって、汚れが落ちやすくなるのです
リネット
じゃあ、界面活性剤がたくさん入っている洗剤が良いの?
近藤高史
液体やジェルボール洗剤から選ぶとしたら、界面活性剤が多い方が良いと言えます。でも、粉洗剤などのアルカリ性の洗剤なら酸性の汚れにダイレクトに反応します。だから界面活性剤が入っていなくても落ちるのです

洗剤はシーズンと汚れの状況で使い分けよう

リネット
粉洗剤が一番落ちるってことは分かったけど、粉って溶け残りが心配なんですよね……
近藤高史
昔は粉の溶け残りが洗濯槽のカビの原因にもなったりしたけど、最近は溶けやすく改良されているのがほとんど!それに、粉洗剤はお風呂の残り湯との相性が抜群なんですよ
リネット
え?それはどうして?
近藤高史
例えば、シャツの襟袖の皮脂汚れを取る場合、人間の体温と同じ35℃~40℃のお湯で洗うと汚れが落ちやすくなるのです。さらにそこでアルカリ性の洗剤を使うと、汚れ落ち最強コンビが生まれます!
リネット
へえ~それは知らなかった~!
近藤高史
さっき別の洗剤を使用してスペシャルケアと話しましたが、それがこの方法です。理想はこれが毎日できればベスト。見えない汚れをきっちり落として、後で無駄なケアもなし。そうなると衣服も長持ちしますよね
リネット
なるほどー
でも、液体やジェルボールを使って毎日洗っても、目に見えない汚れが蓄積しているから毎回別のケアをしないとですよね。
となると、別の洗剤を準備するお金も時間もかかっちゃいますねー
近藤高史
シーズンによって使い分けると良いと思います。
いまは共働きの家庭が多くて、時間のない主婦がほとんど。
忙しい平日は液体やジェルボール洗剤で洗濯をして、最低でも夏場は週末に一度、冬場はシーズン終わりに必ずこのスペシャルケアをして欲しいですね

洗濯洗剤の選び方まとめ

漂白系洗剤

消臭抗菌作用があり、汗をよくかく春夏の汚れにおすすめ。
使用するのは真っ白な衣類限定。
臭いが気になる時や、食べこぼしや調味料でできたシミ抜きにも活用しましょう。

柔軟剤入り液体洗剤、ジェルボール型洗剤

すすぎ1回で落とせるから、毎日のお洗濯を時短で済ませたいときにオススメ。
比較的汚れの少ない秋冬のお洗濯に向いています。
ただし、シーズン終了時には、スペシャルケアやクリーニングするようにしましょう。

粉洗剤

洗浄力が最も高く夏場の洗濯に適しています。
お風呂の残り湯など40℃前後のお湯を組み合わせると洗浄力抜群!おすすめのスペシャルケアです。
シーズン終了時のしまい洗いのときに使うだけでなく、1年中使用することで黄ばみやくすみを抑え、お洋服を長持ちさせます。

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

洗剤洗濯洗剤液体洗剤粉洗剤

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ

FUN! MY STYLE