Loading ...

お気に入りをケアする ムートンブーツの正しいお手入れ!プロに洗い方を聞いてみた

2016-11-24

冬の足元の定番・ムートンブーツ。暖かくてコーディネートしやすい冬のマストアイテムですよね。みなさんはムートンブーツのお手入れどうしてますか?ムートンは正しくお手入れしないと色ムラや型崩れを起こして履けなくなってしまうこともあるんです。そこで、くつリネット工場責任者の上川さんに正しいお手入れについて聞いてみました。

ムートンブーツを履いたら、必ずお手入れしよう

ムートンブーツを履いたらお手入れするのを心がけましょう。ちょっと手をかけてあげることで臭いやカビも防げます。

ブラッシングする

専用ブラシで付着した砂やホコリを落としてあげましょう。ムートンの毛の流れに沿って優しくブラッシングします。ブラッシングをしたらフッ素系の防水スプレーなどをしてしっかり乾かしてあげると次に履くときも安心です。

陰干しする

履いた翌日は日陰で休ませてあげるようにして、連続で履かないようにしましょう。冬でもブーツの中の足は汗をかいています。湿気があると臭いやカビの原因にもなってしまうので、日陰干ししながら中に乾燥剤を入れておくのも良いです。

臭いが気になるときは……

臭いが気になるときはブーツの中に消臭スプレーをすることもできます。消臭スプレーをした後は、しっかりと乾かすようにしましょう。スプレーの水分が残ったままだと臭いやカビの原因になってしまうので、注意が必要です。

カビが生えてしまったら……

カビが生えてしまったら、なるべく早くクリーニングに出しましょう。時間が経ってしまうとカビが繁殖して広がってしまいます。カビを拭きとればカビがなくなったように見えますが、ムートンの中までカビの菌糸が入り込んでしまっていることもあるので、クリーニングのプロにお任せするのが良いでしょう。

ムートンブーツが濡れてしまったら、どうすればいい?

突然の雨や雪でムートンブーツが濡れてしまった!という経験ってありますよね。濡れたままにしていたら、いつのまにかシミができてしまった人も多いはず。濡れたムートンブーツも正しく扱えば、またキレイに履くことができますよ。

濡れたムートンブーツのお手入れ法は?

部分的にムートンブーツが濡れてしまったら、まずは水を含ませて固く絞ったタオルやスポンジでトントンと叩くように濡れのひどいところからブーツ全体に水を含ませていきます。このとき強い力でゴシゴシするのはNGです。

慌てて乾かさないこと

濡れてしまったときは、急いで乾かそうとしないでください。ドライヤーなどの温風を使うとひび割れの原因になります。焦る気持ちを抑えて1〜2日陰干しをしましょう。このとき、シューズキーパーや丸めた新聞紙を使うと型崩れを防げます。

濡れたムートンブーツが乾いたら

ムートンブーツが乾いたら、履いた後のお手入れと同様にブラッシングとフッ素系の防水スプレーをかけてあげましょう。

ムートンブーツをお家で洗おう!

いろいろなお手入れをしても、やっぱり臭いが気になるときやシーズンオフの前にはお洗濯したいもの。そこでお家でできるムートンブーツの洗い方を教えていただきました。

まずは洗濯表示をチェック!

ムートンブーツには「フェイクムートン」と「リアルムートン」があります。まずは洗濯表示を確認してフェイクかリアルかを確認します。フェイクムートンは水洗いが可能なのでお家でも洗うことができますが、リアルムートンは無理に洗わずクリーニングのプロに任せましょう。

洗濯表示について詳しくは「新・洗濯マーク(洗濯表示)は3つだけチェック!正しく洗濯するためのポイントは?」をご覧ください。

洗浄液を作ろう

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。ぬるま湯に中性洗剤を入れてよく撹拌してください。熱いお湯を使うと革や生地を傷める原因になるので避けてください。
※弱アルカリやアルカリ性の洗剤は革を痛めてしまいますので、絶対使用しないようにしてください。

洗剤について詳しくは「プロが教える洗濯洗剤の選び方。液体洗剤と粉洗剤、ジェルボールはどれを選ぶべき?」をご覧ください。

洗うときは優しく洗う

洗浄液にムートンブーツを入れて優しくふり洗いしましょう。すすぎもぬるま湯を使います。泡がなくなるまでしっかり流してあげましょう。
※浸け置きする前に、目立たない部分に洗浄液をつけて色落ちしないか試しましょう。洗浄液を拭き取って色落ちが激しいときは洗うのをやめてください。

洗濯機は使わない!

脱水はタオルで優しく押すように水分を取ります。洗濯機の乾燥機能や乾燥機を使うと、型崩れやひび割れの原因になるので使わないでください。

乾かすときは日陰で

普段のお手入れと同じように乾かす時は日陰干しします。

風通しのいいところで保管

もちろん保管する前にも防水スプレーをしてからよく乾かします。シューズキーパーで形を整えておきましょう。保管には環境が大切なポイント。通気性の良い箱に入れて風通しの良い場所に保管してください。ブーツの中に乾燥剤を入れておくのもおすすめです。

思い切ってクリーニングするのも賢いお手入れ

お家でも洗えるムートンブーツですが、いざ洗うとなると手間も時間も結構かかりますよね。洗い方を間違えてしまうと、臭いやカビの原因になってしまうことも。そんなときは思い切ってプロにお任せするのがおすすめです。

プロのブラッシングでシミ抜きができちゃう!?

くつリネットのスタンダードコース・スペシャルコースでは「起毛シミ抜きブラッシング」が付いています。ブラッシングでシミ抜きをしてもらうことができるんです。 うっかりできてしまった雨ジミもこんなにキレイに。

クリーニングしてそのまま保管も

冬は大活躍するムートンブーツでも、夏は場所とるし正直邪魔になりますよね。それならクリーニングに出したついでに、保管も一緒にお願いしちゃいましょう。ムートンブーツは温度と湿度が徹底管理された専用の部屋で管理されるので、次のシーズンも気持ち良く履くことができます。

◎ムートンブーツがきれいになる!おすすめブラシ

DASCO ホースヘアブラシ スモール

DASCO ホースヘアブラシ スモール

出典: amazon.co.jp

ロンドンのシューケアブランドの靴用ブラシ。毛の色も黒とグレーがあるので持っているムートンの色に合わせて使うのもいいですね。

BootBlack シューズブラシ 江戸屋ブラシ 白馬毛

BootBlack シューズブラシ 江戸屋ブラシ 白馬毛

出典: amazon.co.jp

靴の仕上げ材やクリームのプロが作った日本の靴用ブラシ。毛が短いのでよりコシがあり、ブラッシングが軽くできます。

まとめ

ムートンブーツは履いたらお手入れするを繰り返すことで長く履き続けることができます。ムートンブーツは家で洗うこともできますが、洗い方には注意が必要。デリケートな素材なので優しく扱いましょう。洗濯しても落ちない汚れや臭いが気になるときは、クリーニング店に相談してプロにお任せしましょう。正しいお手入れで冬の足元を楽しんでくださいね。

また、「プロが教えるリアルムートン・フェイクムートンのケア。お手入れや洗濯方法をチェック!」でも、ムートンのお手入れ方法を紹介しています。

☆リネット新入社員「初めての自宅にいたままクリーニング体験談」☆


 
「自宅にいたままクリーニング」を経験しないまま入社した、リネット新入社員のリネットクリーニング体験談!
 
リネットをまだ使ったことのない方は、イメージが掴みやすいと思いますので是非参考にしてください♪
 
→リネット新入社員の口コミ。自宅にいたままクリーニングの体験談♪】

 

ムートンブーツのケアなら、
夜でも家から出せる
自宅にいたままクリーニング。くつリネット

キャンペーン実施中!

くつリネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

ムートンブーツ

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

FUN! MY STYLE