Loading ...

お気に入りと出会う 服のサステナブルケア 〜お気に入りを長く着るために〜

2022-10-27

1着を大切に長く着ること。
それは、服にも環境にもやさしいサステナブルなアクションです。

例えば、今より1年長く着ることで、日本全体として4万トン以上の廃棄量の削減※になります。

この記事では、お洋服を長く着るためのお手入れのポイントや、
クリーニングの活用方法をまとめました。

皆さまと服との心地いい関係がずっと続きますように。

ニットを長く着るためのお手入れ方法は?

ニット|毎日のお手入れのポイント

①数日は休ませる
連続して着ると、ニット生地が湿気を含んで形崩れしやすくなるので、数日休ませましょう。

②衣類用ブラシをかける
衣類用ブラシを生地全体にかけるとニットの毛並みが揃い、毛玉ができにくくなります。

③毛玉はこまめにとる
毛玉を放っておくと取れにくくなります。毛玉を見つけたら、生地を傷めないよう毛玉取り機などでケアして。

ニット|こんな時どうする?「おうちで洗いたい!」

<必ず守って欲しいこと>

おしゃれ着用洗剤を使う
手洗いで洗う

<ニットの洗い方手順>

①準備
洗面器などに水を溜め、おしゃれ着用洗剤を規定量入れて洗濯液をつくる。水温は必ず30℃以下に。

②やさしく手洗い
衣類をたたみ、幅と厚みがピッタリ収まる洗濯ネットに入れて、押し洗いを20~30回繰り返します。(もんだりこすったりは厳禁)

③脱水する
ネットのまま、洗濯機で軽く1分程度脱水します。

④すすぐ
きれいな水ですすぎを2回行います。間のすすぎも洗濯機で1分程度。すすぎ方は、②と同様に押し洗いを10~15回行います。柔軟仕上げ剤を使うときは、2回目のすすぎで入れましょう。

⑤脱水・乾燥
洗濯機で軽く1分程度脱水し、かたちを整えて平干しします。

ニット|長く着るためのクリーニングHowTo

カシミヤ、モヘア、アンゴラなどの獣毛繊維のニットや、スパンコールや革の装飾があるニットは、自宅で洗うことが難しいのでクリーニングがおすすめ。素材本来の風合いを損うことなく、長く愛用していただけます。

<クリーニングのおすすめオプションは?>

リネットの「ふんわり上質仕上げ」では、獣毛繊維の特質を生かした柔らかい仕上がりに。特別な加工材を生地にコーティングするので、花粉やほこりが付着しにくくなります。

ウールコートを長く着るためのお手入れ方法は?

ウールコート|毎日のお手入れのポイント

①厚めハンガーで保管
厚みのあるハンガーにかけることで、コートの形崩れを防げます。

②シワ取りはアイロンで
コートのシワは、スチームアイロンで解消。スチームは、生地から少し離して当てるようにしましょう。

③表面のホコリや汚れをケア
着用後は衣類用ブラシでブラッシングして、ホコリを落としましょう。汚れは固く絞ったタオルで拭き、しっかり乾かして。

ウールコート|こんな時どうする?「会食後に消臭スプレーでケアしたい!」

<効果的な使い方>
衣類の表面が、全体的に少し湿り気をおびる程度にスプレーしてから乾燥させる。

<使い方の注意点>
汚れがひどい衣類に吹きかけると、汚れが広がり、シミになってしまう可能性があるので使用はNG。

<注意したい素材>
・シルクやレーヨン素材の衣類に使用すると、生地が波打ってしまう恐れが。
・革・毛皮・人工皮革・和装品には使えません。
・その他、製品の注意書きに記載がある衣類は×。

ウールコート|長く着るためのクリーニングHowTo

汚れが蓄積するとシミになってしまうこともあるので、汚れが気になる場合には、シーズン中でもクリーニングに出すのがおすすめです。

臭いは汚れから発生している場合も。臭い対策には洗濯やクリーニングが最も効果的なので、リネットも上手に活用ください。

<クリーニングのおすすめオプションは?>

リネットの「ディープクレンジング仕上げ」は、水洗いに近い状態でドライクリーニングできる特別なオプション。従来のドライクリーニングでは落としにくかった汗染みなどの「水溶性の汚れ」もしっかり落とせます。

ダウンを長く着るためのお手入れ方法は?

ダウン|毎日のお手入れのポイント

①厚めハンガーで保管
厚みのあるハンガーは、形崩れを防ぎ、長くふわふわで着ることができます。

②風通しの良い場所で乾燥
ダウンは、内部に空気が入ることで保温効果を発揮しています。着用後はしっかり乾燥させて、ダウン内部に湿気を逃してあげるとgood。

③表面のホコリや汚れをケア
着用後は衣類用ブラシでブラッシングして、ホコリを落としましょう。汚れは固く絞ったタオルで拭き、しっかり乾かして。

ダウン|こんな時どうする?「長く着ていたらフワフワ感が減ってきた…」

ダウンの内側の羽毛を手でほぐしたり、軽く叩いたりしてあげましょう。ダウンが空気を含みやすくなり、ふっくらした状態に戻ります。

<Point>

逆さに持って、数回上下に振るとふっくらします。

ダウン|長く着るためのクリーニングHowTo

ふっくら感が戻らないダウンは、クリーニングに出して復活させましょう。工場の大きな乾燥機で乾かすときに、ダウンの中に空気をたくさん取り込むので、ふっくら感と保温性を取り戻せます。

汚れが気になる場合には、シーズン中でもクリーニングに出すのがおすすめ。

<クリーニングのおすすめオプションは?>

リネットの「サラっと撥水仕上げ」は、特殊な撥水コーティングにより、水を弾くだけでなく、汗や泥汚れ、ホコリ、油汚れも弾く効果があります。大きな乾燥機でまんべんなく熱を加えるため、撥水効果を最大限に高めています。

※環境省 日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査(2020年12月〜2021年3月実施)
https://www.env.go.jp/policy/sustainable_fashion/

リネットマガジン更新情報をお届け

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

FUN! MY STYLE