Loading ...

お気に入りをケアする 撥水加工の効果に驚き!コートやダウンが長持ちするってホント?

2015-11-20

いよいよ冬本番。雪や水がしみてこないように、コートやダウンなどのアウターやスキーウェアにクリーニングで撥水加工をつける人も多いはず。でも、撥水加工って、どれくらいの効果があるのでしょうか……?クリー二ングの気になる素朴なギモン、実証してみました!

    監修

  1. 古塩将人

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    古塩将人

  3. クリーニング歴15年。7年に及ぶシミ抜き修行経験を持つ、シミ抜き職人でもある。工学部農学科卒で、化学メーカーに勤めた後、クリーニング師に転身。シミや汚れに化学の理論で挑む、異色の理論派クリーニング師。現在はリネット専門のクリーニング師として活躍している。

そもそも撥水加工ってなんでしょう?

そもそも撥水加工ってなんでしょう?

クリーニングの撥水加工は、衣類の表面に水をはじく加工を施すことを言います。撥水加工を施すと、水や油分を弾きますが、空気や熱は通すため通気性が保たれます。

一方、防水加工というものもありますが、これは別物。防水加工の場合、衣類の繊維の隙間をふさぐため、水がしみ込むのを防ぐだけでなく、空気や熱も通しません。なので、撥水加工した衣類と違って、通気性が悪くなり、蒸れやすくなってしまうのです。

撥水加工の効果を調べてみました

ダウンコートにクリーニングの撥水加工を施して、その効果を検証してみました。

ダウンコート(婦人もの)の左半分に撥水加工を施しました

左半分が撥水加工。右半分は何もしていません。水をかけます。

左半分がクリーニングの撥水加工、右半分は何もしていません。

ダウンコート全体にシャワーをかけてみました

シャワーしてみました

撥水加工の効果がでてきました

ん?なんか違いがでていますね
左側が明らかに濡れていません

撥水加工を施した左半分があまり濡れていないように見えます。

もっとシャワーをかけてみました

最近はゲリラ豪雨みたいな激しい雨もありますし

ゲリラ豪雨を想定して、強めに大量のシャワーをかけてみることにしました。それでも違いが出るのでしょうか……?

びしょびしょですね

びしょびしょに濡れてしまいました。でもよく見ると……

でも大丈夫。明らかに左は水を弾いています!

左半分は明らかに水を弾いています。撥水加工の効果がわかりますね。

ダウンコートを振って、水を振り払ってみました

今度は、ダウンをふって水を落としてみます
ぶんぶんと振ります

ぶんぶんと振って、水を振り払っていきます。

さらに違いが明らかに!撥水加工を施していない右半分は水が染み込み多少はたいた程度では、水が取れませんでした

撥水加工を施した左半分は水滴がほとんどなくなったように見えますが、右半分にはまだ水滴がついたままです。

撥水加工の効果をクリーニング師が解説!

撥水加工の効果は上記の実験でも実証されましたが、改めてクリーニング師の古塩さんにもその効果について解説していただきました。

リネット:
なんでこんなに水を弾くことができるんですか?

古塩さん:
クリーニングで使用する撥水加工剤には、フッ素系樹脂かシリコン系樹脂が配合されています。

樹脂が繊維を覆って、フッ素が油や水を弾くイメージです。

撥水加工した衣類を分子レベルで見ると、樹脂の膜の上に、フッ素やシリコンの粒が細かくぎっしり載っているイメージ。この粒たちが、水よりもとっても小さいため、大きな水の表面張力よりも小さい表面張力が働き、水を弾いてくれるんです。

もっとわかりやすく説明するために、水がしみ込みやすい綿素材のTシャツに撥水加工を施した例を見てみましょう。

樹脂が繊維を覆って、フッ素が油や水を弾くイメージです。

左は何もしていない状態、右がクリーニングの撥水加工を施したものです。クリーニングの撥水剤はこんなに水を弾いてしまうんです。

汗も弾いてしまうのでシャツや肌着には撥水はおすすめしていません。

リネット:
クリーニングの撥水加工には、水を弾く効果以外にもメリットがあるのでしょうか。

古塩さん:
撥水加工が優れているのは、水を弾くだけでなく、汗や泥汚れ、ホコリから、油汚れを弾く効果があるという点です。冬に使うコートやダウンジャケット、スノーウェアだけでなく、新品で買ったアウターやジャケット、ネクタイには、まず撥水加工をすることをおすすめします。撥水加工を施すことで、お気に入りの衣類をきれいなまま長く使うことができますよ。

まとめ

撥水加工の実証実験、いかがでしたか?クリーニングの撥水加工の効果に驚いた人も多いのではないでしょうか。お気に入りの洋服に加工を施すことに抵抗があるという方もいるかもしれませんが、実は撥水加工を施したほうが汚れや水分から洋服を守ることになり、結果的に長く愛用することができるんです。大切にしたい洋服にはぜひクリーニングの撥水加工をつけてみてくださいね。

  • editor

    中島 のりゆき

    中島 のりゆき

    リネット広報マネジャー&リネットマガジン編集長。シャツをこよなく愛す。2016年、国家資格のクリーニング師取得。

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

アウターのケアコートのケアスキーウェアのケアダウンのケア撥水加工撥水加工 クリーニング

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE