Loading ...

お気に入りをケアする 服のボタンが割れた!洗濯やクリーニング前後に注意すべき点と対処法は?

2017-11-13

クリーニングに衣類を出して戻ってきたらボタンが割れていた……という経験はありませんか?ボタンは小さいながらも、ファッションの印象を左右するスパイス的存在。割れてしまうと悲しいですよね。今回はお洗濯によるボタン割れを防ぐ方法や、クリーニングに出す前に気をつけるポイントを、リネットお洗濯アンバサダーの近藤さんに教えてもらいました。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 宅配ネットクリ−ニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、宅配ネットクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

そもそも、どうしてボタンが割れてしまうの?

クリーニングによってボタンが割れてしまう理由はさまざまです。

洗濯やクリーニング中の擦れ

家庭の洗濯もクリーニングも、洗剤(クリーニングの場合は溶剤)の作用と洗濯機の回転運動によって汚れを落としているのは同じ。洗濯槽の中で、衣類がいろいろなものと擦れ合うことは避けられません。この際、洋服が擦れて衝撃を受ける角度などによって、ボタンが割れてしまうことがあるのです。
クリーニングではワイシャツにプレス専用の機械を使用しているため、ひびが入っているボタンがプレスの圧力に耐えられず割れてしまうケースも見られます。

高温に耐えられなかった

洋服の洗濯表示に記載されている設定通りの温度で処理したのに、ボタンが溶けてしまう……というケースもみられます。これは洗濯表示と実際の耐熱温度が違うことが原因です。

ボタンそのものの寿命

まず、ボタンそのものの寿命があります。特にスーツやワイシャツなどの袖口のボタンは机などに接触することが多く、衝撃を受けて割れやすいのです。そのときは割れるほどの大きな衝撃を受けていないとしても、小さな衝撃が繰り返されることでボタンにひびが入ります。そんな小さなひびが入ったボタンが寿命を迎えて、洗濯の際のボタン割れにつながるのです。

おうちで洗濯するときに気をつけるポイントはコレ

おうちで洗濯するときにボタン割れを防ぐためには、ボタンを1〜2個おきでかまわないので閉めて、裏返しにして、洗濯ネットへ入れて洗うのがポイントです。
ただし、ネットに入れると洗浄力が低下するので、ネットに入れない方が汚れ落ちはアップします。
特にボタン割れを防ぎたい衣類は、手洗いがおすすめです。

クリーニングに出す前に気をつけたい!危険サイン

クリーニングに出す衣類のボタン割れを防ぐには、ひびが入ったボタンや割れているボタンがないか、クリーニングに出す前に一度ご自身で確認するとよいでしょう。縫いつけられた状態でボタンが欠けていると気がつきにくいので、注意してください。

割れそうなボタンを発見したら、まずは外してクリーニングに出した方が安全。ボタンのスペアがある場合は、クリーニングから戻ってから付けた方が良いでしょう。

クリーニングに出した服のボタンが割れていたら……

クリーニングから洋服が帰ってきたらビニールを取って、すぐに仕上がりをチェックしてください。ビニールの袋のまま保管している方もいるかもしれないですが、実はビニールをかぶせたままにしておくと、変色の原因になることがあります。衣類の仕上がりをチェックする際に、あわせてボタン割れも確認するとよいでしょう。

リネットには万が一不備があった場合に再仕上げできる『リネット安心保証』があります。いざというとき最高の状態でお洋服を着ていただくためにも、クリーニングから戻ったときの仕上がりチェックを習慣にして欲しいですね。

→宅配クリーニングの「リネット」について

万が一、ボタンが割れてしまった場合は.......

クリーニング中に発生したと考えられるボタン割れは、お客様の了承のもと、修繕(再取付)にて対応いたします。修繕が不可能だった場合には、再取得価格の100%を補償いたします。
ただし、修繕が可能な状態にもかかわらず、修繕の了承をいただけない場合は補償はできませんので、ご注意ください。

なお、仕上がりのチェックをして、もしもボタンが割れていた場合に『リネット安心保証』をご利用いただくために、お客様には次の3点をお願いしています。

・タグや割れたボタンはそのままにしておいてください。
・クリーニングのタグはつけたままにしておいてください。
・ボタンは割れていても、そのまま取っておいてください。

<『リネット安心保証』の申込み方>

・通常会員の方は、受け取り日の翌日から数えて7日以内、プレミアム会員の方は30日以内にお客様相談室までご連絡ください。
・タグは必ずバーコードありのものもなしのものもどちらもつけておいてください。タグを両方ともとってしまうと保証が受けられません。

『リネット安心保証』についてはこちらをチェック

まとめ

ボタン割れは、ボタン自体の劣化も原因のひとつなので避けられないことも少なくありません。とはいえ、洗うときにボタンを留めたり裏返したりするといった、ちょっとした工夫で、洗濯の衝撃を和らげ、ボタンの寿命を延ばすことができることが分かりました。
クリーニングに出すときは、「お気に入りのボタンが割れてなくなってしまった!」ということがないように、ひびが入ったボタンは外しておくことが大事。また万が一割れてしまったときのために、購入時のスペアボタンは、大事に保管しておきたいですね。

☆リネット新入社員「初めての宅配クリーニング体験談」☆


 
宅配クリーニングを経験しないまま入社した、リネット新入社員の宅配クリーニング体験談!
 
宅配クリーニングをまだ使ったことのない方は、イメージが掴みやすいと思いますので是非参考にしてください♪
 
→リネット新入社員の宅配クリーニング体験談【衣類のビフォーアフターあり!】

 

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

ボタン割れ

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE