Loading ...

お気に入りをケアする プロが教えるリアルムートン・フェイクムートンのケア。お手入れや洗濯方法をチェック!

2018-02-27

真冬でも1枚羽織るだけで体を温めてくれるムートン。ムートンにはリアルのものとフェイクのものがありますが、どちらも長持ちさせるには日々のケアが大切です。そこでリネットお洗濯アンバサダーの近藤さんに、ムートンの正しいお手入れ方法について聞いてみました。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 宅配ネットクリ−ニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、宅配ネットクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

リアルムートンはどうお手入れすればいい?

動物の毛を使ったリアルムートンは高級品なので、できるだけ長く愛用したいもの。カビなどの劣化を防ぐために、おうちで正しいお手入れをしましょう。

準備するもの
洋服ブラシ
厚みのあるハンガー
除湿剤(必要であれば)

リアルムートンのお手入れ方法

1.ブラッシングをして毛並みを整える

着たあとにブラッシングすると、ほこりや汚れを落とすこともできます。デリケートな素材のムートンは、ムートン専用の洋服ブラシを使うのがおすすめです。

2.ハンガーにかけて陰干し
クローゼットに入れる前に陰干しをして、湿気を取り除きましょう。湿気を放置したままクローゼットにしまうとカビが生える原因になります。ハンガーは型崩れを防ぐために厚みのあるものを使いましょう。

3.保管環境の確認
クローゼットの中に湿気が多いと、きちんと陰干しをしてもカビが生える原因になってしまいます。クローゼットの扉は定期的に開けて換気をしましょう。特に湿気の多い場合は、除湿剤を入れておくのがおすすめです。

ムートンコートがぬれてしまったら

リアルムートンは水に弱く、雨や雪でぬれると変色したり、水シミになってしまうことがあります。ぬれてしまったときは、正しいケアをして水シミを防ぎましょう。

準備するもの
バスタオル
厚みのあるハンガー

お手入れ方法

1.しっかりと乾燥させる
ぬれてしまったムートンは、バスタオルを使ってしっかり乾燥させましょう。バスタオルで上から優しく押して脱水します。ゴシゴシと激しく動かすと毛並みが乱れてしまうので、優しく扱いましょう。

洗濯機などで脱水をすると、回転によって毛並みが乱れるので、使用は避けてください。

2.ハンガーに吊るして陰干し

ハンガーに吊るして陰干しをします。細いハリガネハンガーだと型崩れをするため、厚みのあるスーツハンガーなどを使いましょう。陰干しをして自然乾燥させます。

動物性の繊維でできたリアルムートンの成分はたんぱく質です。ドライヤーやストーブなどの熱をあてるとたんぱく質が硬化して、元に戻らなくなるので使用しないでください。

リアルムートンにシミがついた場合はどうケアする?

リアルムートンに食べこぼしなどのシミがついてしまった場合は、乾いたハンカチやタオルで軽く叩いたり、優しく押して水分を取り除きます。そのあとのシミ抜きは、クリーニング店にお任せしましょう。

※リネットなら、ムートンのクリーニング料金も初回30%OFF!

おしぼりや濡らしたハンカチなどで拭いたり叩いたりするのはNG。水に弱いムートンは、シミを広げてしまう可能性があり、水ジミになってしまうこともあるので避けましょう。

フェイクムートンのお手入れ方法は

ポリエステル100%素材でできたものが多いフェイクムートン。素材が違うものの、基本的にはリアルムートンのお手入れ方法と同じように、着たあとはブラッシングをして陰干しをします。

洗濯表示を確認して「洗濯可能」であれば、自宅で洗えるフェイクムートンもあります。自宅での洗濯は、型崩れや毛並みの乱れの原因になりやすいので、「洗濯可能」でもクリーニング店にお願いするのがおすすめです。

なかには自宅での洗濯NGのフェイクムートンもあります。「ドライクリーニング」表示もあるので、洗濯する前にきちんと確認しましょう。

洗濯表示について詳しく知りたい方は、「新・洗濯表示、覚えるのは3つだけ⁉︎正しく洗うのためのポイントはコレ」をチェックしてみましょう。

フェイクムートンはこうやって洗濯しよう

フェイクムートンの洗濯もクリーニング店におまかせするのがおすすめですが、万が一のために正しい洗濯方法をご紹介します。おうちでの洗濯は、雨にぬれてしまって、すぐに洗わなくてはいけないときだけ行なうようにしましょう。なお、ロングコートなど洗面台で手洗いができないものは、クリーニング店にお任せしましょう。

準備するもの
・おしゃれ着洗剤
・柔軟剤(使わなくてもOK。使う場合は規定量を守ってください)
・ゴム手袋
・洋服ブラシ
厚みのあるハンガー

フェイクムートンの洗濯方法

1.洗面台に水とおしゃれ着洗剤を規定量入れてかき回す

洗剤による手荒れを防ぐためにゴム手袋を着用してください。

2.フェイクムートンを入れて優しく手で押し洗いする
汚れが気になる場合は10分ほどつけ置きしましょう。

3.洗面台の水を抜いて洗濯に入れてすすぎ洗いをする
洗濯機の脱水を「弱脱水」もしくは「一番弱い設定」にして1分脱水を行います。

毛並みが乱れる原因は、脱水時の洗濯機の回転です。必ず一番弱い設定で脱水を行ってください。

4.洗面台に柔軟剤を規定量入れてかき回す
洗面台に水と柔軟剤を入れて、優しく手で押し洗いします。

残り湯は雑菌がついて臭いの原因になるためキレイな水を使ってください。

5.洗面台の水を捨てて「弱脱水」をすれば洗濯は完了

6.毛並みを整えてハンガーにかけて陰干しの自然乾燥
分厚いハンガーにかけて洋服ブラシで優しく毛並みを整えてから干しましょう。

毛並みを整えてから干すことで乱れを抑えることができます。型崩れを防ぐために薄いハリガネハンガーなどは避けて、スーツハンガーなどの厚みのあるハンガーを使ってください。

シーズンオフにはクリーニングに出すのがベスト

シーズンオフになったら、リアルムートンもフェイクムートンもクリーニングに出してから保管するのがベストです。目に見えない汚れやシミを放置したまま保管すると、カビや変色の原因につながります。

リアルムートンはシーズン中に基本のお手入れをしっかり行なって、シミや汚れがなければ、シーズンオフにクリーニングをすれば十分です。

フェイクムートンは、自宅で洗えるものもありますが、ボリュームのあるコートだと時間も手間もかかります。型崩れや毛並みの乱れなど失敗するリスクが高いので、クリーニング店でプロにお任せするのが安心です。

宅配クリーニングのリネットなら玄関で受け渡しができるので、クリーニング店に持って行くのが大変なロングコートや高級品のリアルムートンも、手軽にクリーニングに出すことができます。

→宅配クリーニングの「リネット」とは?

初回30%OFFで無料でシミ抜きも行なってるアパレル仕様の高品質クリーニングなので、是非お気軽にお試しください。

まとめ

正しいお手入れ方法さえマスターすれば、カビや劣化を防ぐことができるムートン。リアルムートンもフェイクムートンも、日々のお手入れで大切なのは「ブラッシング」と「陰干し」です。大切なムートンは、きちんとお手入れして長く愛用しましょう。

☆リネット新入社員「初めての宅配クリーニング体験談」☆


 
宅配クリーニングを経験しないまま入社した、リネット新入社員の宅配クリーニング体験談!
 
宅配クリーニングをまだ使ったことのない方は、イメージが掴みやすいと思いますので是非参考にしてください♪
 
→リネット新入社員の宅配クリーニング体験談【衣類のビフォーアフターあり!】

 

洋服のケアなら、
夜でも家から出せる
宅配クリーニング。リネット

キャンペーン実施中!

リネットとは?

お気に入りをケアしよう

リネットマガジン更新情報をお届け

関連キーワード

ムートンコートのケア

おすすめ記事

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE