Loading ...

お気に入りをケアする プロが伝授!ブランドアイテムのケア方法vol.2:マーモットのウェア編

2018-12-01

人気のブランドアイテムのケア方法をご紹介する連載の第2弾。今回ご紹介するのは、人気アウトドアブランド「マーモット」のウェアのケア方法です。特殊な素材を使った高性能なウェアを長く大切に着用するためには、やはりお手入れはかかせません。ぜひ、今回ご紹介するケア方法を参考にしてみてくださいね。

    監修

  1. 近藤高史

  2. リネット
    お洗濯アンバサダー

    近藤高史

  3. 宅配ネットクリ−ニング「リネット」のクリーニング師。大学卒業後、クリーニング会社に就職、独学でクリーニングの研究を続け、0から叩き上げで工場長に就任。2014年に、12年を超える豊富なクリーニング現場経験から、宅配ネットクリーニング「リネット」を運営するホワイトプラスにスカウトされ、同社品質責任者に就任。現在はリネット専門工場の品質向上のため、厳しい指導にあたる。

マーモット・DESCENTEなどのアウトドアブランドが勢揃い! リネットのコラボキャンペーンはこちら

そもそも「マーモット」はどんなブランド?

Marmot(マーモット)のはじまりは、創業メンバーであるエリック・レイノルズ氏とデイヴ・ハントリー氏の学生時代にまでさかのぼります。当時、彼らはアラスカの氷河を研究するプロジェクトで知り合い、アラスカの氷上での授業を快適にするウェアとマイナス45度まで使用できるスリーピングバッグを考案。そして1974年に二人の友人であるトム・ボイス氏も招いて、コロラド州で「Marmot(マーモット)」が誕生したのです。

 

創業から2年後、アウトドア界で初めてマーモットが「GORE-TEX(ゴアテックス)」を採用したスリーピングバックやウェアを展開したことで、その名が広く知られることに。現在では、アメリカだけでなく世界49カ国に製品を販売するまでに成長しました。

 

同社が掲げる“FOR LIFE”のフィロソフィーのもと、“生命を守り、生還できるプロダクト”を作り続けるアルパイン・ブランドとして、世界中の極限へと向かう人々から信頼されつづけています。

マーモットのウェアはどうケアすればいい?

マーモットのアイテムのなかでも、特に人気を集める「超はっ水ダウンジャケット」と「GORE-TEX(ゴアテックス)素材を使ったジャケット」のケア方法をご紹介します。

超はっ水ダウンジャケット

このジャケットに使われているダウン(羽毛)は超はっ水加工が施されているのが大きなポイント。通常のダウンの場合、雨や雪などで濡れると中のダウンが水を吸収してダマになるため、保温性が失われます。しかし、超はっ水加工されているダウンであれば、水分に触れても水をはじきダマになることが少ないため、保温性や通気性がある程度キープされるのです。

 

また、毎日のお手入れも大事。見た目はキレイに見えても、ダウンは空気中の湿気や汗の水分を吸い込んでしまっているため、保温性が低下してしまうのです。このダウンは超はっ水加工が施されていますが、性能をキープするためにも、着用後は風通しのいいところでハンガーにかけて中のダウンを乾燥させましょう。その後ダウンをほぐすように、ジャケットの見ごろ部分などを軽く叩いてあげると効果的です。

また、このジャケットのように、黒ずみや皮脂の汚れなどが目立ちやすいカラーの場合は、定期的にクリーニングに出すことをおすすめします。

ご家庭で洗うのは避けたほうがベター。ダウンは洗濯機で洗うと浮いたり膨らんだりするので、きちんと全体を洗うのが難しいのです。ただし、襟ぐりや袖まわり、ポケットの部分などの皮脂汚れは、ご家庭でクレンジングオイルを使って洗ったほうがいいですね。

季節が変わって保管するときは、蛍光灯で色焼けしてしまう可能性があるため、必ずクローゼットの中にしまうようにしましょう。そして、必ずクリーニングに出してしまい洗いをしてから保管するようにしてください。

 

★しまい洗いについてはこちらもチェックしてください。

 

クローゼットがない場合、今回のジャケットであれば畳んで保管してもOKです。ただし、使用するときには必ず吊るして、ダウンをふんわりさせてから着用するようにしましょう。

 

マーモット・DESCENTEなどのアウトドアブランドが勢揃い! リネットのコラボキャンペーンはこちら

GORE-TEX(ゴアテックス)素材のジャケット

こちらのジャケットはGORE-TEX(ゴアテックス)素材でつくられています。GORE-TEX(ゴアテックス)素材は、防水耐久性、防風性、透湿性、耐久はっ水性を兼ね備えています。この性能をより長くキープするために、ある程度使用してはっ水効果が薄れてきたと感じたら、クリーニングではっ水加工をおこなうとよいでしょう。

GORE-TEX(ゴアテックス)素材は、分厚いところが擦れるとそこだけ白くなってくるので、着用したら畳まずに必ずハンガーにかけるようにしましょう。

ジャケットを洗うときは、洗濯機に入れ、液体洗剤を使用してぬるま湯(40℃以下)で洗い、2回すすぎ、短時間で脱水します。吊り干しで乾燥しましょう。この際、タンブラー乾燥機で乾燥するのは避けたほうがベター。襟ぐりや袖まわりの皮脂汚れは、前述のダウンジャケットと同じようにクレンジングオイルで洗うとよいでしょう。

このジャケットはドライクリーニングできますが、同じGORE-TEX(ゴアテックス)素材を使ったものであってもアイテムによってはドライクリーニングできないものもあるので要注意です。

衣替えのときは、ダウンジャケット同様、クリーニングに出して仕舞い洗いをしてからクローゼットで保管します。ただし、前述の通り、畳んでしまうとシワがついてしまうため、ハンガーに吊るして保管することを心がけましょう。

 

マーモット・DESCENTEなどのアウトドアブランドが勢揃い! リネットのコラボキャンペーンはこちら

さらに詳しく!

マーモットについて知りたい方は…

マーモットについて知りたい方は…

出典: marmot.jp

今回ご紹介したマーモットのウェアは左のページから詳しく見ることができます。
ウェアに合ったお手入れをして、お気に入りのウェアと長くアウトドアを楽しんでくださいね。

リネットからのお知らせ

リネットからのお知らせ

出典: descente.co.jp

現在リネットでは、マーモットなどの有名アウトドアブランドの取扱いをしているDESCENTE STOREとのコラボキャンペーンを行なっております。
この機会にぜひお気に入りの1着を見つけてくださいね。

まとめ

今回は、マーモットの人気ウェアのケア方法についてご紹介しました。マーモットのウェアは、アウトドアシーンはもちろん、タウンユースでも愛用している人も多いはず。いくら高機能なアイテムでも、着用頻度が高くなるとやはり劣化しやすくなってしまいます。お気に入りのウェアを長く愛用するためにも、今回ご紹介した毎日のお手入れ方法や保管方法をチェックしてくださいね。

リネットマガジン更新情報をお届け

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

新しい記事

暮らしニスタ 生活手帖

FUN! MY STYLE